中古不動産|Used real estate-Official Website

中古不動産

中古住宅は、新築住宅に比べ、情報が少ないので、自分の目で見れる限り見てください

友人に詳しい人がいたら一緒に連れて行きましょう

金額は周りの販売されている不動産を参考に

掘り出し物という物件は1000に1つもないでしょう。安い理由がきっとあります。

決定のときのポイント

中古不動産のヒント集・イメージ

物件に関してトラブル事項がないこと

すぐにはリフォームしないでいいもの

予定していた金額より高くないもの

売りに出された理由はなるべく把握しておきましょう。

その他

買うと決めるまでは何度かその物件を見に行くようにしましょう。そうしているまに売れてしまう場合もありますが、通勤通学の時間帯や夕方、夜にも行ったほうがいいです。

通常は競売物件は買わないようにしましょう。近所などでよく知っている場合はこの限りではありません。

さて不動産というのは、高額な商品になるため売るのが非常に難しいです。

そして、お客様は少しでも高く売りたいと「あの業者に任せたら・・」
いや「こっちの業者に任せた方が・・」

このように、業者によって金額に差が出るとお考えですが、このような話は全部デタラメです。

なぜなら、不動産を売るには「相場」というのがあるからです。

そして、「相場」というのはだれが決めるのですか?

そうです。
「相場」は買いたい人が決めるのです。
人気のエリアだとか、駅前の一等地は買いたい人が多いから、値段が上がるのです。

相場は、業者が決めることではありません。

ここは注意するポイントとなります。

そして、上記のように通常に売却を求めるお客様はターゲットではありません。

当社のターゲットはズバリ!!!

 急ぎで不動産を売ってお金に換金したい方

 ご自宅の買い替えで、今の家を売って、新しい家を買いたい方。

 相続で不動産をもらった人が、不動産を売って現金化をしたい人。

なぜあなたにこのような話をするのかというと・・

ターゲット次第で、反響数が劇的に変わるからです!!

一般的に売られる人は、時間をかけてもいい人なのでしょう。

我々がターゲットにしている人は、時間がかけられない人なのです。

不動産は売りにくい、高額な商品だから・・

だからこち、「いつ?」「いくらで?」売れるのか明確に分かっていたら、
計画が立てやすいですね。

中古不動産・ロゴマーク
中古不動産.jp
中古不動産.jp

 中古不動産.jp
 中古不動産.jp
 中古不動産.jp
中古不動産.jp